So-net無料ブログ作成
社会問題 ブログトップ

転院拒否で妊婦死亡、遺族の賠償請求を棄却 [社会問題]

こちらのニュース

転院拒否で妊婦死亡、遺族の賠償請求を棄却

賛否両論ありそうですが、私はこの判決に賛成します。

詳細の情報にアクセスできるわけではないのですが、「病院をたらいまわしになって最終的に助からなかった」と言う点が大きな理由ならば「最初の主治医だけに責任がある」という結論になってしまっては、この問題は改善されないんだと思います。もし「主治医に責任あり:有罪」となってしまうと、まわりにはなにも落ち度がないことになりますから、たらいまわしはなくなりません。また、そういうことが原因で「事故が起る度に訴えられるから辞める」という産婦人科医が増えたり、「訴えられるから産婦人科にはなりたくない」という医学生も増えたりしているのだそうです。それでは産婦人科がさらに減ってしまい、よけいに悪い方向へ行ってしまいます。

もちろん「最初の医師の判断が遅れたのが原因であり、最初に早く決断していればたらいまわしになっても助かった」ということはあるのかもしれません。そこまではニュースの内容ではわかりませんでした。 ただ、たらいまわしになっても助かる人は、今回の案件でも助かったのかもしれません。あと、「判断ミス」というのは罰を与えるべきものなのかわかりません。職務怠慢と判断ミス(ヒューマンエラー)は違うと思うんです。判断が難しい→間違った判断をした→医師やめろ、で医者ってやっていけるでしょうか?怠慢する人は辞めてほしいですが、難しい判断を間違えた人は、辞めさせるのではなく、なぜそうなったか、が議論されるべきなんではないかと思います。そんなにはっきりと判断がつくことばかりじゃないと思うのです。次は正しい判断ができるように経験情報をアップデートし、医師会で検討し共有することのほうが、ずっと大切だと思います。

お母さんを亡くされた遺族には痛ましい事故ではあったと思いますが、恨みを誰かにぶつけて晴らすだけのための訴訟では社会はよくならないと思います。社会全体で「救えたかもしれないのに救えなくてごめんなさい」と賠償すべき問題なのかもしれません。その場合、どこを訴えればいいのかな・・・。わかりませんね。

こういう案件は、厚生労働省だけでなく、少子化対策担当大臣の範疇でもあるんでしょうね。安心して子供が産めなければ、子供は増えません。きちんと調べて、税金による対策を考えてほしいです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
社会問題 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。